FC2ブログ

FDA会長日記

(社)藤沢市歯科医師会会長の日記です。

新年の集い

1月も今日でおしまい。

早いですよね~~と、
「光陰矢のごとし」を日々実感しています。

別に生き急いでいる訳ではないのですが、
対処して行かなければいけない数々の事柄は、
私を大いに急かしてくれます。

新年1月はどんな月だったかと言えば、
元旦に引いたおみくじの「凶」を地で行く
毎日でした。

これより悪いことは起こらない・・・
だから何にも良いことは起こらない・・・

歯科医としての信頼や自負を打ち崩されるような
出来事があったり、自分への甘えが露呈したり
何とも情けない思いを引きずっていた月でした。

その上、予想など出来ないことが起き
「人の不幸は蜜の味」なんて言うのは大嘘で
「人の不幸は己の事」で涙と震えの心境です。

皆幸せに生きていて欲しい、と心が叫んでいます。

そんな疫病神のようなカイチョの1月の主たる仕事は
新年の集いに出席することでした。

1月17日(木) 神奈川県歯科医師会賀詞交歓会
1月18日(金) 藤沢市介護保険事業所連絡会新年会
1月19日(土) 藤沢市歯科医師会新年会
1月20日(日) 藤沢市薬剤師会・藤沢薬業協会新年会
1月20日(日) 藤沢市鍼灸マッサージ会新年会
1月23日(水) 藤沢病院協会賀詞交換会

「新年会」「賀詞交歓会」「賀詞交換会」と
新年の集いのタイトルも色々。

一番良かったのは勿論藤沢市歯科医師会の新年会でした。

山本市長、江崎・桜井衆議院議員、臼井薬剤師会会長とは
(他にも多数いらっしゃったと思いますが)四つの集いで
ご一緒させていただきました。

環境副大臣の桜井議員です。
H201.24 032


「真の歯科医療を勉強する会」の江崎議員です。
H201.24 034


どの集いでも山本市長には、必ずご挨拶をいただき、市長は
12年間のお礼を述べられておりました。

H201.24 047


藤沢市の安定感ある地域性は、本当に山本市長のお陰だと
私なりに感謝を申し上げさせていただきました。

医療福祉関連のどの団体も今年に掛ける思いは一つで
「医療福祉に対する正当評価の獲得」でした。

特に「歯科保健医療に対する正当評価」は、
国策として絶対に必要な重要事項だと思います。

安全保障と社会保障を考えた場合、国民生活の基本となる保障は
何といっても「社会保障」です。

新テロ特措法より、私の生活と思った国民がどれ程いたでしょうか?

国民が安心安全に社会生活を営めなければ、健全な国力の保全は
成り立ちません。見せかけの小手先の議員立法や条例等を作っても
根幹から確固たる「社会保障制度」を考えて欲しいと強く強く願っています。

私たちは一体何をすれば良いのか、歯科医師会でもしっかり考えて
行こうと思っています。

スポンサーサイト



PageTop