FC2ブログ

FDA会長日記

(社)藤沢市歯科医師会会長の日記です。

永遠

2月23日(土)は、友人の息子さんの追悼ミサでした。

息子さんが皆の心の中で永遠に生き続け、
生ある者の想いにけじめをつけるためのミサ。

私にはそんな想いがある深いミサだと思いました。

肉体には限りがあっても、
人を思う気持ちに際限はありません。

それこそ、「永遠」があることを実感しました。

いろいろ考えました・・・

結果、本当に勝手な想いなのですが、
私は藤沢の空の下で息子さんへの、
そして、友人家族の皆様への想いを
抱いていさせてもらいました。


私ですら何とも切ない日々が続いています。

そんな時、「生と死を考える会」を知りました。

この会は、身近な人を失った悲しみを分かち合い、
支え、支えられ、そして誰にでも訪れる死を考え、
行動する、死を語ることを開かれた場になることを
目指す市民の集まり、です。

この会から次のような教えを受けました。

「三つのT」

TEAR(涙)
TALK(話)
TIME(時間)

別れの苦しみから立ち直るには、
泣くだけ泣きなさい。

悲しみを内に込めず人に話しなさい。

そして、時が心の傷を癒してくれるのを待つのもいい。
そのプロセスを経て、人は前へ進んで行くことが出来る
ようになるのだ。

本当にその通りだと思います。

一緒に泣くこと、
話を聞くこと、
時を一緒に過ごすこと、

何もできないと思っていましたが、

変わらずそばにいることが、
私にできること。

皆で支え合って生きていることを実感しています。

「おたがいさま」

尊敬し合い、認め合い、支え合う、
日本人らしい良い言葉だと思います。

スポンサーサイト



PageTop