FC2ブログ

FDA会長日記

(社)藤沢市歯科医師会会長の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は何の日

皆様、ご無沙汰をいたしておりますが、
私は元気にやっております。

・・・今日は、4月28日ですが・・・
昨日のお話です・・・・

今日、4月27日は「哲学の日」
そして、「悪妻の日」なんだそうです。

その由来は?

紀元前399年、ギリシャの哲学者であるソクラテスが、
「国家の信じない神々を導入し、青少年を堕落に導いた」罪で
死刑宣告を受け、 獄中で薬を飲み死亡したのが、
今日4月27日であるところから、今日が「哲学の日」。

死刑となったソクラテス。
弟子たちは脱獄を勧めたそうですが、
「悪法も法」だと言って毒杯を煽った、
とのこと。

「悪法も法」とは、さすが哲学者。

哲学者ソクラテスが実践してきたことは、
「自分は知者である」と主張する人に対して、
対話によって矛盾や行き詰まりを自覚させ、
相手を「自分は無知である」ことを悟らせ、
「真の知」、いわゆる「真理の探求」に導くこと、
だったそうです。

「世の中の真理は、不公平」
と語ったホリモンにも、ソクラテス風な
哲学者として通ずるものがありますね。

で、何故今日が「悪妻の日」?

ソクラテスの妻、クサンティッペが、
モーツァルトの妻、コンスタンツェ・モーツァルト、
トルストイの妻、ソフィア・トルストイ、と並んで
世界三大悪妻の一人で、だから、
夫ソクラテスが死んだ日を「悪妻の日」にしたそうです。

「悪妻」とは、夫のために良くない妻と定義され、
「悪妻は、60年の不作」だそうです。

「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。
悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」。

と諭すソクラテスは、「真理」と「心理」を極めた天才で、
凡人(自称の知者)にはとても理解不能だったのでしょうね。

「理解」には、「時間」がかかる。(by 会員トシ)

ところで、「悪妻の日」って、
誰が、何時、決めたのでしょうか?

なんで、「悪夫」という呼称は、
ないのでしょうか?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。