FC2ブログ

FDA会長日記

(社)藤沢市歯科医師会会長の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「在宅医療・介護連携」多職種研修会

9月も早1週間。

取り組みを始めなければいけないことが
頭をよぎります。

まずは、
物探しから始めなけれいけない状況に
日頃の事務整理の重要性を実感します。

理路整然とした思考には、
整理整頓は必要十分条件。

自己環境整備を習慣付けなければ。

そんな中、
9月3日(木)19:30分から藤沢医師会館で
第1回「在宅医療・介護連携」多職種研修会が
開催されました。




藤沢型地域包括ケアシステムの一分野として
「在宅医療・介護連携」は位置付けられています。

超高齢社会の社会保障には
無くてはならない「在宅医療・介護連携」。

ついに、
医師会がその重い腰を上げ、
藤沢市と主体となって取り組みを始める
「在宅医療・介護連携」。

200名の会場に250名以上の申し込みがあり
断っていたにもかかわらず
当日参加者もいて立ち見状態。

地域として「在宅医療・介護連携」への認識が
高まっていることが理解できます。

医師会木原理事の司会で開会。
在宅医療1

医師会飯塚副会長のご挨拶。
在宅医療3

目の前には、TB先生のご子息。
入会を強くお願いしました。
在宅医療2

各機関の取り組みの発表では
歯科医師会として、
「最期まで口から食べる」支援に
積極的に取り組みたいと話しました。

グループディスカッションです。
在宅医療4

歯科医師会関係者は、10名を超えていました。

カメラ目線のHGS歯科衛生士。
在宅医療6

障がい者班長会帰りのOND先生。
在宅医療7

頼もしい先輩HJT先生。
在宅医療8

副市長と頼もしい先輩MR先生。
在宅医療9

この中に、KKC先生、WKS先生、YBU先生がいます。
在宅医療10

この中に、WTN先生、HRN先生、TDK先生がいます。
在宅医療11

この研修会担当のWD先生。
在宅医療12

HRM先生と市民病院長。
在宅医療14

在宅医療のキーとなる松木先生と後ろにON医局長
在宅医療15


「在宅医療・介護連携」が良い形で推進され
歯科保健医療が包含された
藤沢型地域包括ケアシステムの構築を
図って行こうと強く思ったカイチョでした。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。